汗かきがひどい!汗をかきにくくする裏技はある?

汗とはすごく面倒なものですよね・・・

顔の汗はメイクを崩してしまうし、体の汗は服に汗じみをつけたり、ときにわ嫌な臭いがすることも・・・わたしを含めたくさんの人が汗に困ったことがあると思います。

汗の原因は暑さだったり、緊張だったり、多汗症だったりと色々な原因があります。

では汗をかきにくくする方法はあるのでしょうか?

・体温を下げる

体温を効果的に下げる方法があります。

熱さまシートや冷たいペットボトル、冷やしたタオルなどで首の後ろ、鎖骨下、脇、太ももの付け根、膝の裏を冷やすとリンパなどがあるため体温を下げるのにすごく効果的です。

・脇の下を圧迫する

汗が気になりだしたら両側の乳首上から脇下の部分を手などで圧迫してみてください。

ここを圧迫すると神経などを刺激し汗が止まるそうです。

この方法は舞妓さんが使用している方法とよく似ています。

舞妓さんは帯を普通より高い位置で結び汗を止めているそうです。

しかし私たちが帯を毎日することはできないのでぜひ手で実践してみてください。

・リラックスする

自分がリラックスできることを見つけ、リラックスできる時間を作ってみてください。

趣味を見つけてみたり、深呼吸をしたりお風呂に浸かるなど・・・

汗は自律神経によりコントロールされているリラックスすることができ、自律神経を整えてあげると汗を軽減することができます。

・食生活

汗をかくことは食生活も関係しているようです。

肉類や揚げ物など脂っこいものばかり食べていると汗をかきやすくします。

香辛料が効いているものや、熱いもの辛いものも汗線を刺激するので汗をかきやすくします。

・ツボを押す

ツボを押すことにより汗を止めたり、軽減させることができます。

労宮(ろうきゅう)というツボは手の平の中心にあり、押すと気持ちを落ち着かせることができ緊張からなどの汗を軽減させたりします。

合谷(ごうこく)というツボは人差し指と親指の付け根が交わる位置の少し人差し指側にあるツボでここを押すと汗をかきにくくするそうです。

・ミョウバンを使う

ミョウバンは汗を抑えたり、消臭効果などがあります。

しかもスーパーや薬局などでお手軽な価格で手に入ります。

ミョウバンをお風呂に混ぜミョウバン風呂や、ミョウバンスプレーを作りそこにレモン汁などを入れデオドラントにされる方もいます。

・サプリメントを利用する

サプリメントではあせしらずが最近人気です。

野菜のパワーで汗を軽減させたり、汗の嫌な臭いがなくなるサポートをすると口コミで評判です。
あせしらずの口コミ!多汗症改善効果は本当?

手軽に試すことができるので、汗が気になる人は、あせしらずを試してみてください。
公式サイト↓
あせしらず

u