クリアネオは、多汗症にも効果は期待できるの?

多汗症とは、体温調節が必要ない時にも多量の汗をかいてしまう病気です。

運動していないのに大汗をかいている場合や、暑くない日でも汗が滝のように流れ落ちる場合などは多汗症と言えるかもしれません。

けれど、ただの汗かきとどう違うのか・・・と言われると、汗かきと多汗症の違いは本当のところ、医師じゃないとわからないと言われています。

汗の量がどの程度なら多汗症になるのか?という部分が、個人の感じ方に差があるのでラインが難しいのです。

また汗をかく部位も人によって様々で、全身に汗をかく多汗症の人もいれば、局部的に汗をかく多汗症の人もいます。

多汗症の原因として考えられるのは、ホルモンバランスの乱れ、更年期障害、急性リウマチなどの疾患でも発症すると言われています。

脇や手のひら、足の裏、頭部など局部的に多量の汗をかく多汗症の場合は、自律神経の乱れや精神的なストレスが原因だと言われています。

はっきりと多汗症とわかるようなら医療機関に行って治療をする事も出来ます。

しかし、ほとんどの場合は多汗症なのか汗かきなのかがわからないので、悩みながらも、どうすることもできずに過ごしている人が多いのではないでしょうか。

自分で何とかしたい!とネットを検索したら、ワキガの臭いケアや制汗効果が高いと評判のクリアネオにたどり着いたと思います。

そして、クリアネオを試してみたいと思っているけれど、多汗症にはどのくらい効果があるのか知りたいですよね。

クリアネオが多汗症に効果があるのか調べました。

クリアネオは多汗症に効果がある?

クリアネオの主な制汗成分はパラフェノールスルホン酸亜鉛です。

パラフェノールスルホン酸亜鉛には毛穴を引き締める収れん作用があり、毛穴を小さくして汗の量を減らします。

そして出てくる汗に吸着するので、汗が流れ落ちるのを防いで、サラサラの肌を保ちます。

しかし、汗腺を完全に塞いで汗が全く出ないようにするわけではないので、人によって効果の感じ方に差が出ることもあるようです。

例えば、ハンカチがびしょびしょになるほどの汗をかいていたけれど、クリアネオを使用したらハンカチが湿る程度の汗の量になったとしましょう。

これを「汗の量が減った!改善された!」と喜ぶ人もいれば「まだ汗をかいているから効果がなかった」と嘆く人もいるということです。

感じ方、満足度には個人差がありますので、レビューに差が出るのは当然のことですね。

その上で結論をいうと、クリアネオを使用して効果のあった人のレビューが多数ある通り、クリアネオには多汗症を改善する効果があると言えるでしょう。

ですが、これは脇の下や顔、手のひら、足の裏などの局所の場合であり、汗に伴うワキガを抑える為の制汗効果です。

全身に多量の汗をかく多汗症の場合は、クリアネオの量も足りませんし、全身にくまなく塗るのも難しいと思うので、満足いく効果が望めないかもしれません。

クリアネオでは多汗症の治療はできませんが、瞬間的に多汗症を抑える効果があるということです。

まったく汗をかかないように止めてしまいたい場合は、医療機関で多汗症治療に使用される収れん剤、塩化アルミニウムという塗り薬を処方してもらいましょう。

塩化アルミニウムはパラフェノールスルホン酸亜鉛と同じ働きをしますが、塩化アルミニウムの方がより制汗力があります。

しかしその分、汗腺を塞ぎ、痒みが出るなどの副作用もあります。

肌が丈夫な人は平気でしょうが、敏感肌の人は注意が必要です。

その点、クリアネオは敏感肌の人でも使えるように無添加処方で、肌への優しさを第一に考えて作られています。

毎日使うものだからこそ、肌への負担はできる限り減らしたいですよね。

クリアネオの正しい使い方

クリアネオの正しい使い方を知って、少しでもより良い効果を実感してほしいと思います。

クリアネオを塗ったのに「あれ?臭うかも」と感じるときは、意外と間違った使い方をしているのかもしれませんよ。

クリアネオにはニオイを発生させる菌の増殖を抑え、汗の分泌を抑える働きがあります。

つまり、汗が分泌される前、菌が増殖する前に使用しなければ意味がないということです。

効果を感じられないという人は、汗をかいてから使っているケースが多いようです。

例えば、日中汗をかいたから臭いが気になるといって、クリアネオを使っても正しい作用が発揮されません。

クリアネオを使用する場合は、まず汗をしっかりと拭き取ってから使うようにしましょう。

ニオイを発生させる菌は、特に就寝中に増殖すると言われています。

そのため、入浴後の清潔な肌や寝る前にクリアネオを使用すると最も効果的です!

さらに、汗をかく前、外出する前にクリアネオを使うと汗の分泌が少なくなるので、臭いが発生しにくくなります。

クリアネオの効果がないと感じる場合は、もしかすると使い方が間違っていることもあります。

まずは汗をしっかりと拭き取り、清潔な肌に使用してみてくださいね。

まとめ

クリアネオは多汗症の治療薬ではありません。

ですから、まったく汗を止めたいという人は医療機関の受診をお勧めします。

しかし、多汗症の治療薬には副作用もあるので注意が必要です。

その点、クリアネオは無添加処方ですので敏感肌の人でも安心して使用できます。

汗を抑える作用と、汗に伴う臭いを抑える作用は十分にあるので、クリアネオの使用で多汗症が改善されたという声も多数あります。

愛用者のレビューはクリアネオ公式サイトからご覧いただけます。

他にも気になる価格や成分など、クリアネオのすべてが公式サイトに載っています。

この機会に是非、クリアネオ公式サイトをご活用ください!

クリアネオの口コミとわきが改善効果

hU