ファリネと塩化アルミニウムの制汗作用の違いとは?

手汗に悩む人にとって待ちに待った日本初の手汗専用パウダー「ファリネ」は、すでに注目の的となって評判になっています。

ファリネは、手汗の原因となっているエクリン腺という汗腺にしっかり働きかけるように出来ています。

手汗の分泌を抑える成分の「麻セルロース」などを配合し、手汗をダイレクトに抑えてくれるのが「ファリネ」なのです。

ところで、そのファリネに入っている制汗成分と、一般的な制汗剤に入っている塩化アルミニウムという成分とは何が違うのでしょうか。

今回は、ファリネと一般的な制汗剤の塩化アルミニウムとの違いを比較してみたいと思います。

まず、一般的な制汗剤に入っているのは先ほども述べたように塩化アルミニウムという成分です。

塩化アルミニウムが汗腺の開口部を塞ぎ、汗の分泌を抑える作用に絶大な効果を発揮してくれるということから、塩化アルミニウムは多汗症の治療薬として長く使われてきているんですね。

なぜ塩化アルミニウムが汗腺を塞ぐのかということについては、塩化アルミニウムの結晶が汗腺を塞ぐ、汗の成分と反応をして汗腺を塞ぐ、皮膚そのものが反応して汗腺を塞ぐ、というようにいくつか説があり、実のところはっきりしたことは分かっていないようです。

では、ファリネには制汗のために何が入っているのかというと、塩化アルミニウムの一種で、同じ制汗作用のあるクロルヒドロキシアルミニウムという成分です。

この成分は、有名な某デオドラントスプレーにも入っているものですが、だからと言ってそれと同じというわけではありません。

ファリネには、クロルヒドロキシアルミニウム以外に発生した汗の臭いを吸着し消臭する働きのある酸化亜鉛や、殺菌効果・消臭効果のある天然植物エキス、保湿や抗炎症効果も期待できるビタミンEなどの成分も配合されているのが特徴です。

また、市販の制汗剤にはジメチコンなどのシリコン系の成分が配合されていることが多いのですが、ファリネは無添加にこだわり子供から大人まで安心して使えるように作られています。

持ち歩きにも便利なので、手汗が気になったときには出先でもパタパタとパウダーをはたくことができ、常に気にしていなくてはならなかった手汗をコントロールできるようになるのです。
farine(ファリネ)の口コミと手汗改善効果
これらのことから、もし汗だけが気になって消臭効果はとくに不要という方は、塩化アルミニウム単体の制汗剤でも大丈夫ということになります。

そして、手汗や顔汗や足汗などの汗を抑えるだけなく、臭いも気になる、消臭効果も期待したいという方は、ぜひファリネをお試しください。
公式サイト↓
ファリネ