肥満だと脇汗が出やすく臭いって本当?

肥満の人は汗を多くかいているイメージがありますが、実際に、肥満と脇汗の量は関係しているのでしょうか。

ー肥満と脇汗の量の関係性ー

肥満の人は、脂肪の影響で標準体型の人よりも体の負担が大きくなります。

太っている分、体が重いので動くのにもパワーが必要です。

常に重い荷物を抱えて動いているような状態だと考えると、当然、汗が多くなるのも頷けます。

そして全身に大量の汗をかく分、脇の汗の量が増えるのは当然です。

さらに肥満の人は皮下脂肪・内臓脂肪が標準体型の人よりも多いので、体の内側に熱がこもりやすいのです。

体内の熱が外に発散されにくく体温が高くなると、体温調節のために汗が出てくるのです。

それでは、肥満の人から出る汗の臭いについてはどうでしょうか。

肥満と体臭の関係性はあるのでしょうか。

ー肥満と体臭の関係性ー

実は、肥満の人のかく汗は、標準体型の人がかく汗とは種類が少し異なります。

汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺があり、エクリン腺はほぼ全身に存在しています。

アポクリン腺は脇や耳の裏、性器の周辺に集中して存在しています。

エクリン腺は主に体温調節の役割をしていて、そこから出る汗の成分は99%水なので、すぐにサラサラに乾きます。

次に、アポクリン腺から出る汗には臭いの元になる物質、いわゆるフェロモンのようなものが入っています。

大昔、まだ人間が言葉を話せなかった時代にはコミュニケーションツールとしての役割をしていました。

ところが、アポクリン腺から出る汗は脂肪やアンモニアなどの成分を含んでいてベタベタしているのが特徴なんです。

ベタベタした汗は皮膚の常在菌のエサになり、菌が繁殖しやすいので独特の臭いに繋がります。

ですから皮脂が多い人は汗と脂が混じって酸化し、更に臭いがキツくなってしまいます。

まとめると、

●肥満の人は標準体型の人より体内に熱がこもりやすく、体温調節が必要なため発汗しやすい。

●多く汗をかくので、エクリン腺だけでなく脇や耳の裏にあるアポクリン腺から出る汗の量も増える。

●アポクリン腺から出る汗には臭いの元になる物質が入っていて、皮脂と混じって酸化することで独特の臭いに繋がる。

以上のことから、肥満だと脇汗が出やすく、臭いもキツくなりやすいと言えるでしょう。

ただし、太っていても汗腺が鍛えられていてサラサラで臭いの無い汗をかく人もいます。

太っているから汗かき!臭い!のではなく、汗かきや臭いの原因は、汗腺の発達状態や精神的なもの、遺伝なども関係していることを知っておいてください。

ー汗の臭いを抑えたい人はー

やはり臭ってしまうと自分も不快ですし、周りの人も不快にさせているのではないかと気になりますよね。

汗の臭いを抑える対策です。

①汗腺を鍛えましょう。

汗には、体温調節だけでなく血液中の老廃物を外に出す役割もあります。

普段から汗をかく量が少ないと、血液中の老廃物が溜まりドロトロ血になり、次に汗をかいたときに老廃物が多く含まれた汗が出ます。

不純物の多い汗はベタベタして乾きにくく、臭いに繋がります。

エクリン腺を鍛えて、たくさん汗をかけるようになると血液が濾過されサラサラ血になり、汗も不純物が少なくサラサラした乾きやすい「良い汗」なるのです。

エクリン腺を鍛えるには運動が一番ですが、運動が苦手な人はサウナでも半身浴でも構いません。

たくさん汗をかいたら、しっかり水分補給をしましょう。

②制汗剤を使いましょう。

もっと手っ取り早く臭いを抑えたいという人には、制汗剤が有効です。

しかし、市販の制汗剤では臭いが抑えられていないと感じたことはありませんか?

もしくは、制汗剤の香りと汗の臭いが混ざって、より変な臭いになってしまった経験はありませんか?

そんな経験のある人には、ネットで買える『クリアネオ』が良いと思います。

『クリアネオ』は臭いを誤魔化すのではなく、99%ニオイ菌を殺菌して、臭いの原因となる菌を寄せ付けないクリームタイプの制汗剤です。

口コミでも人気です。
クリアネオで腋臭や足の臭いだけでなく脇汗、足汗など汗も解消するのはなぜ?

使用できる箇所は脇だけでなく、手足やデリケートゾーンにも使えるのが良いですね。

使い方も簡単です。

夜寝る前に塗って、寝ている間の雑菌の繁殖を抑えます。

そして、朝外出する前に塗ることで朝から夜まで一日中サラサラ、臭いを抑えてくれるのです。

公式サイトからの定期購入だと永久返金保証もあるので、万が一、効果を実感できなかった場合や肌に合わなかった場合でも安心できます。

より詳しい内容や、気になるレビューが、公式サイトでご覧いただけます。

公式サイト↓
クリアネオ

暑い夏は特に、臭いも気になりますから、汗対策は早く始めると良いですね!

rU