太る汗と痩せる汗があるの?痩せる汗のかきかたは?

以前、テレビ番組で『汗には「太る汗」と「痩せる汗」がある』と放送されたことがあるようですね。

「良い汗」と「悪い汗」なら聞いたことがありますが、「太る汗」と「痩せる汗」とは一体どんな汗のことを言うのでしょうか。

「太る汗」「痩せる汗」とは

さっそく結論から言うと、「太る汗」=「悪い汗」、「痩せる汗」=「良い汗」です。

ダイエットに関心がある場合は「太る汗」「痩せる汗」の方がイメージしやすいかもしれませんね。

良い表現だと思います。

では、ダイエットと汗の関係性についてお話していきましょう。

ダイエットの成功とは、体に蓄えられた脂肪を「燃焼」させて、二酸化炭素と水に分解させることができ、脂肪の蓄積量が低下したとき、つまりは「減量」できたときに成功と言えます。

「燃焼」とは「代謝」です。

いくら食事制限をしても、それ以上に代謝が低下してしまうと脂肪は燃焼されません。

ですから、食事制限によるダイエットは必ず、もうこれ以上は痩せないという壁につきあたります。

それは「もうこれ以上は代謝が低下して脂肪を燃焼できない」というサインなのです。

一度、低下してしまった代謝を上げるには地道な努力を要します。

正しいダイエットは、体の代謝を高めながら行うものでないといけません。

基礎代謝を維持し、高めるためにはマグネシウム・カリウム・鉄といった代謝を促すミネラルが必要になります。

ミネラルを食事やサプリメントから摂るのも大切ですが、体から失わないようにすることの方が、もっと大切なのです。

ミネラルが最も失われやすいのは「汗」です。

汗は尿と違って、排泄物ではありません。

体温を正常に保つために貴重なミネラルを犠牲にしてまで、汗をかいているのです。

貴重なミネラルが失われやすい汗のかき方が「悪い汗」=「太る汗」です。

「良い汗」はミネラルを失わないように、必要最低限の量で体温調節ができる汗のことです。

それは、サラサラした小粒の汗と言われています。

小粒でサラサラした汗は蒸発しやすく、気化熱で体温を下げられるからです。

逆に大粒でダラダラと流れる汗はミネラルを多く含んでいて蒸発しにくいです。

しかも、ミネラルを失うので「代謝力」すなわち「燃焼力」が落ちてしまう「太る汗」と言えるのです。

ダイエットをするなら、サラサラした小粒の汗をかけるようにしたいですね。

次に「痩せる汗」をかくにはどうすれば良いのかお話します。

「痩せる汗」のかき方

「痩せる汗」をかくには、汗腺の機能を目覚めさせることが必要です。

運動すると発汗するため、汗腺機能が活発になります。

そこで運動と合わせて行うと良い、代謝を上げるちょっとした技をご紹介しましょう。

汗腺の機能が最初に落ちはじめる箇所は、手足の末端からです。

入浴の際に熱めのお湯に肘から先と、膝から下をつけて15分ほど温めると良いでしょう。

また、耳ツボを押すのも効果的です。

耳にはたくさんのツボがあり、中には代謝を上げるツボが存在します。

『肺』または『肺点』と呼ばれるツボは、耳の穴の横にあります。

具体的に言うと、耳の穴から5ミリほど外側の浅くくぼんだ箇所です。

そこに親指の爪を立てて、少し痛みを感じる強さで押します。

1回1~2分、1日に2~3回刺激すると、インスリンの過剰分泌を抑制し、食欲が抑えられ、代謝が上がると言われています。

もうひとつ、人指し指と中指で耳を挟んで、1分間上下に優しくこする方法もあります。

これは耳全体にあるツボを刺激することで、全身をポカポカ温める効果があります。

これらを、運動やエクササイズと合わせて試してみてください。

「痩せる汗」をかいて、効果的なダイエットを目指しましょう。

「太る汗」には『あせしらず』を

最後に「太る汗」は臭いの元になることをお伝えします。

「太る汗」はミネラルなど代謝成分を多く含んでいるので、ベタベタしていて蒸発しにくいのが特徴でしたね。

「太る汗」が皮膚にとどまり続けると、代謝成分をエサに雑菌が繁殖してしまいます。

すると、独特の臭いを放つようになるのです。

特に、脇や股間は蒸れやすいので臭いも強くなります。

これからどんどん薄着になる季節。

自分が臭っているかもしれない・・・と、気になりますよね。

そんな不安には『あせしらず』が良いかもしれません。

『あせしらず』は、画期的なサプリメントです。

3つのアプローチで、不快な汗と臭いケアに必要な栄養補給をします。

①カリウムで上手に発汗させます。

体の内側にこもった熱をうまく全身から発散させられずに、手足や顔に集中して汗をかいてしまう人は、カリウム不足の可能性があります。

食事のバランスが悪かったり、刺激物を摂り過ぎているとカリウム不足になります。

カリウムを補うと、上手に発汗できるようにサポートできます。

②女性ホルモンの乱れを整えます。

女性ホルモンには汗を抑える役割があります。

しかし、加齢やストレス、不規則な生活などで女性ホルモンが乱れてしまうと汗をかきやすくなります

ちょっとしたことで乱れてしまうホルモンバランスを整えます。

③ストレスや緊張を和らげます。

知らないうちに抱えてしまっているストレスを和らげ、精神的な発汗を抑える際に必要な栄養素を補います。

プラス、柿渋エキスを配合しているので消臭ケアに必要な栄養補給にぴったりです。

「太る汗」の臭い対策にはサプリの『あせしらず』をどうぞ。
あせしらずの口コミ!多汗症改善効果は本当?

詳しくは、公式サイトをご覧ください。

公式サイト↓
あせしらず

rU