汗疱(かんぽう)性湿疹とは?汗をかかない改善策は?

あれ・・・手、足の裏の皮が膨れている、めくれている、かゆい・・・水虫かな?・・・

それは汗疱性湿疹かもしれません。

汗疱性湿疹とは汗疱という病気が悪化した時にできるものです。

その症状は水虫によく似ていて、多くの方がよく水虫と間違わうこともあります。

この汗疱性湿疹の原因とは・・・

汗疱は手の平や足の裏に1〜2㎜くらいの大きさの水ぶくれができます。

手の平や足の裏にできることが多いのですが場合によっては指の外側にできることもあります。

汗疱は汗が皮膚の中に溜まり、皮膚から排出されずみずぶくれになってしまいます。

この汗疱がめくれてしまい湿疹化してしまったものが汗疱性湿疹となります。

汗疱性湿疹になると菌が入ったりするわけではないのですがかゆみや痛みが出てくる場合もあります。

しかし汗疱性湿疹になぜなるのか詳しい原因は解明されていないようです・・・

原因がわからない・・・すごく不安ですよね。

なのでいつどんな人がなってもおかしくありません。

いつ自分自身がなるかもわからない病気です・・・
できることなら、ならないように防いでおきたいですよね。

しかも水虫に似ている・・・人前などすごくはずかしいですよね・・・

防ぐためには汗をかきすぎないことです。

汗をかかない方法はあるのでしょうか?

・冷たいもので冷やす

冷たいもの(熱さまシートや冷えたペットボトルなど)で部分的に体を冷やし体温を下げる。

首の後ろ、脇の下、太ももの付け根、ひざの裏、鎖骨下などを冷やすと体温を下げるのにすごく効果的です。

体温が下がると汗も軽減できます。

・夏野菜を食べる

夏野菜といえばきゅうり、なす、トマトなどが有名ですがこれらの食べ物は体を冷やしてくれる食べ物です。

たくさん食べると体を冷やしすぎてしまうので適度に摂取してみましょう。

・食生活を見直してみましょう

脂っこいものや肉中心の生活、インスタント食品やファストフード、辛いものや香辛料の多いもの、お酒やコーヒーの摂取量が多い食生活だと脂汗がよく出るようになってしまったり汗の臭いがきつくなってしまったりします。

・ミョウバンを使う

ミョウバンはイオンの力で汗を抑え、消臭効果もあるので汗の臭いも消してくれます。

ミョウバンはお風呂の中に入れてミョウバン風呂にしたり、ミョウバンと水を混ぜスプレー容器に入れてミョウバンスプレーにして使うと効果的みたいです。

さらにミョウバンはスーパーや薬局などでお手頃な価格で手に入るので試しやすいです。

・リラックスする

自律神経を整えると汗を抑えることができます。

自律神経を整えるにはリラックスすることが効果的です。

お風呂に入ったり、ストレッチをしてみたり、アロマオイルでマッサージしてみるなど自身でやりやすい、好きなものを日々の生活に取り入れてみましょう。

汗を止める軽減させる方法は様々です。

自身にあった方法を見つけ、汗を止める軽減をして、汗疱、汗疱性湿疹にならないように注意して快適な日々を送ってください。

◆病院に行くほどではないけど、手足の汗や多汗症で悩むという時は、多汗症サプリメントのあせしらずを飲むと効果的です。

体の中から、汗をかきにくくしてくれます。
あせしらずの口コミ!多汗症改善効果は本当?

緊張からの汗もでにくくするリラックス成分も含みます。

メイク崩れも防いで顔汗、首汗、手汗、足汗、脇汗、更年期のホットフラッシュの汗など汗の悩みを解消に導きますよ。

何をしても、ダラダラと汗が出て困っていた方が、爽やかに過ごせる!と口コミでも評価が高く人気なのがあせしらずです。
公式サイト↓
あせしらず

u