更年期障害のホットフラッシュで汗がすごい!どうすれば?

更年期障害で最も多く出る症状がホットフラッシュだと言われています。

更年期のホットフラッシュとは急に体が暑くなり火照ってきて大量の汗が出てきます。

ホットフラッシュは環境に関係なく人と話している時、朝目覚めたときなど関係なくのぼせや火照り、発汗の症状が出てきます。

そんな更年期でのホットフラッシュの原因や対処法を紹介していきたいと思います。

更年期のホットフラッシュで悩んでいる方やホットフラッシュかもと思われている方は今から紹介することを参考にしてみてください。

『更年期のホットフラッシュの原因』

ホットフラッシュの原因は主に血行不良と言われています。

血管の拡張や収縮をコントロールしている自律神経が乱れ、血行不良がおこります。

女性ホルモンのエストロゲンは血流をスムーズにする作用がありますが、だいたい更年期になると言われる頃(40代から50代)に卵巣機能の低下や閉経が原因でエストロゲンの分泌が減少していきます。

そしてこれらが原因で血流が滞ると、血液量を増やそうと体が反応し一気に大量の血液が流れこむことが原因でのぼせや火照り、発汗症状がおこると言われています。

他にもストレスなども原因の一つと言われています。

更年期障害でホットフラッシュ以外でも多く言われている症状で肩こり、イライラ、頭痛と聞きますがこちらの症状でストレスがたまり自律神経が乱れ血行が悪くなりホットフラッシュの症状が出るといったこともあります。

更年期障害だからホットフラッシュになったというわけだけではなく他の症状が原因でホットフラッシュにつながるということもあるということです。

なので、身体的な問題だけでなく、精神的な原因もホットフラッシュにつながっているので更年期障害だからではなく、ます精神的な問題がないかも考えてみてください。

そしてホットフラッシュは更年期障害だからなると思われていますが、精神的問題がありストレスをためて、自律神経が急激に乱れているかたもなりえるということです。

そんなホットフラッシュの対処法を紹介したいと思います。

『更年期のホットフラッシュ 対処法』

一番の対処法は女性ホルモンを処方してもらい自律神経の乱れを落ち着かせることです。

ですがこちらは定期的な通院や負担が大きいので普段からできる対処法を紹介します。

まずは、心を落ち着かせいつ症状が出ても大丈夫なようにウェットティッシュやハンカチを持ち歩くことをおすすめします。

ホットフラッシュの症状が出たときに首筋を冷やすと落ち着くと言われています。

他にも自立神経を整えて汗を抑えるサプリメントを利用するのもいいです。

特に人気なのがあせしらずです。
あせしらずの口コミ!多汗症改善効果は本当?

あせしらずは、体の中から、汗をかきにくくしてくれます。

緊張からの汗もでにくくするリラックス成分も含みます。

更年期のホットフラッシュの汗だけでなく、メイク崩れも防いで顔汗、首汗、手汗、足汗、脇汗など汗の悩みを解消に導きます。

何をしても、ダラダラと汗が出て困っていた方が、爽やかに過ごせる!と口コミでも評価が高く人気なのがあせしらずです。

公式サイト↓
あせしらず

us