内臓脂肪が多いと悪い汗をかくという噂は本当?

太っている人は汗をかきやすいです。

それは脂肪のせいで体の中に熱がこもりやすく、体温調節のために汗が出やすい傾向にあるからです。

では、痩せているのに汗をかきやすい人は、どういうわけがあるのでしょうか。

答えは、内臓脂肪です。

一見して痩せているように見えても内臓のまわりに脂肪が多くついている、いわゆる『隠れ肥満』と呼ばれる人は汗をかきやすくなります

内臓脂肪が多いと、血中の脂肪酸の濃度が高くなりやすく、抹消の毛細血管が動脈硬化を起こします。

動脈硬化とは、コレステロールや中性脂肪がたまって、血管が詰まったり固くなって柔軟性を失った状態を言います。

血管が固くなると、血液循環が悪くなり体内の熱が発散されずにこもるので、体温調節を行うため必然的に汗の量が増えてしまうのです。

しかも、汗をたくさんかいてしまうことで血液がドロドロになり、次第に汗の成分が濃くなっていき、ベタベタした乾きにくい汗になります。

ベタベタした乾きにくい汗は、悪い汗と言われています。

『悪い汗』『良い汗』の違い

では『悪い汗』と『良い汗』の違いを簡単に説明します。

汗の成分は99%水分なのでサラサラしていてすぐに乾きます。

乾くときの気化熱で効率よく体温を下げられます。

体温が下がると汗は止まるので、汗っかきになりません。

また、体に必要な塩分やミネラルが汗と一緒に出てしまっても、再吸収できる仕組みになっているので、この機能が正常に働いている人の汗は舐めても塩辛くありません。

ほとんどが水分なので雑菌が繁殖することもなく、臭いもないです。

これが、良い汗の特徴です。

反対に、ベタベタしていて乾きにくく、いつまでもダラダラと流れ続けている汗は、悪い汗です。

血液循環が悪くなり、ドロドロの血液になると汗の成分も濃くなり、99%水分というわけにはいかなくなります。

すると、乾きにくくなるので気化熱が作用されず、体温を素早く下げることが出来ないのでいつまでも汗が流れ続けます。

汗の成分が濃い上に、肌にとどまる時間も長いので雑菌が繁殖しやすく臭いも強くなります。

そして、塩分やミネラルの再吸収が正常に働かない状態だと、疲れやすく脱水症状も出やすくなってしまいます。

このように悪い汗は、少なからず人体に悪影響をもたらすのです。

特に加齢と共に汗の量が増えた場合、内臓脂肪が増えている可能性が高いです。

一度、食生活や生活習慣を見直してみましょう。

内臓脂肪が増えると、悪い汗をかくだけでなく、動脈硬化、血栓が出来やすくなり、果てには脳梗塞や脳出血、心筋梗塞といった命に関わる重大な病気を引き起こしてしまうかもしれません。

早めに内臓脂肪を減らす対策を取りましょう。

内臓脂肪を減らす『スリムフォー』

食生活の改善をする際、食べる物に気をつけるだけでなく、サプリメントも気になってくると思います。

内臓脂肪を落としてくれる、そんなサプリメントがあったら・・・と思いませんか?

それが、あるんです。

『スリムフォー』というサプリメントの名前を聞いたことや、ネットで見かけたことがある人もいるのではないでしょうか。

私も『スリムフォー』という名前は知っていて、よくある脂肪燃焼系のサプリメントだと思っていました。

けれど『スリムフォー』は、よくあるダイエット系のサプリメントではなかったのです。

なんと、内臓脂肪や皮下脂肪を減らすサポートになるサプリメントなのです。

『スリムフォー』の主成分である葛の花由来のイソフラボンには、体内脂肪を減らすのに良い事が認められています。

燃焼系ではなく、脂肪を作らせず分解する働きを促進する作用で、脂肪の体積を減らすサポートができるのです。

内臓まわりの脂肪体積を減らしてくれるので、ウエストがサイズダウンします。

内臓脂肪を減らし、ウエストも細くなるなんて女性は特に嬉しいですよね!

もちろんメタボリックな男性にも喜ばしい効果をもたらしてくれる『スリムフォー』。

一日のどのタイミングでも飲めるので続けやすく、良さを実感できるはずです。

内臓脂肪が気になる人だけでなく、痩せているのに汗をかきやすい人、ベタベタする汗をかいて不快な思いをしている人も是非一度『スリムフォー』をお試しください。

スリムフォーの口コミ効果!おなかぽっこり解消は本当?

rU