汗のにおい対策についてです。

 

春になり、暖かくなってくると、気になるのが汗のにおいです。
汗をかくことは、悪いことではありません。

 

むしろ大切なことです。
しかし、汗のにおいは気になるものです。
そこで、汗のにおい対策を紹介します。

 

・まず、汗を抑えることです。

 

外出前などに、制汗剤を使います。
制汗剤を使う前に、汗をきちんと拭いて、しっかり乾かしましょう。
臭いが特に気になる時は、抗菌作用が強いものを使うと良いでしょう。

 

しかし、制汗剤は汗腺を塞いでしまい、汗の量を減らすことにつながってしまうので、部分的に短時間の利用にしましょう。

 

広い範囲の汗腺を塞がないように気を付けてください。

 

・次に、汗をかいたら、濡れタオルでこまめに拭きましょう。

 

汗が臭いを発生させるまで、約1時間と言われています。

 

この1時間の間に、濡れタオルで汗の成分や雑菌、皮脂汚れなどをきちんと拭いて取り除きましょう。

また、汗をこまめに拭くのと同時に、衣類に汗が染みないように注意することも大切です。

 

衣類に汗が染みると、雑菌が繁殖しやすくなります。

 

わき汗パッドや、消臭作用のある衣類などを利用することで、衣類に汗が染み込むのを防ぎましょう。

汗をかくことは必要なことです。

 

しかし臭いを発生させない「よい汗」をかく体にしていくことが大切になります。

 

汗腺は、よい汗をかくほど機能が高まると言われています。
エアコンに頼り過ぎない、運動して汗をかくなどを行い、臭いのない「よい汗」をかくようにしていきましょう。

 

それでも汗が多すぎたり、汗の臭いが気になる時は、アセッパーを飲むと効果的です。
アセッパーで多汗症改善や汗の臭い解消の口コミ情報→アセッパーの口コミ

 

多汗症や汗の臭いを改善に導くサプリメントがアセッパーです。

公式サイト↓
アセッパー