背中やおなかから大量の汗!どうすればいい?

背中やおなかに大量の汗をかいてしまう悩みをお持ちの方が多くいらっしゃるのではないでしょうか?

汗をかきやすい場所といえば、首や脇などを想像しますが実は背中やおなかから汗をかくことも多いのです。

汗の仕組みと汗の意味について考えたうえで、背中とおなかから出てくる大量の汗について考えていきましょう

汗をかくとは

汗をかくことは、人間の体にとって必要不可欠なことであり、汗をかかなくなってしまうと大げさに言えば死んでしまう可能性があります。

人間の体の殆どの細胞や酵素などさまざまなものがたんぱく質からできており、このたんぱく質は熱に弱いことで知られています。

たんぱく質が熱によって変性してしまうと、体内の免疫はもとよりすべての機能が失われてしまいます。

体温が40度を超えたあたりから危険な状態になり、それ以上になるとたんぱく質が編成します。

簡単に言うと、卵の白身にお湯をかけると色が白くなる位の温度です。

人間の体は放っておくと、体温が急激に上昇します。

運動したときは、体のあらゆる筋肉部から熱エネルギーが作られ発せられていますし、真夏の暑い日では周りの温度の影響を受けます。

こうしたとき、人間は汗をかき水分の蒸発時に体温を下げているのです。

水が蒸発するとき、水が触れているものの熱を奪って蒸発するのです。

脇や首にかきやすい理由・背中やおなかにかく理由

脇や首などがかきやすい理由は、そこが蒸れるからだけではありません。

脇や首など血管が集中してる場所の温度を下げることで、体温を効率良く下げようとするのです。

一方で、汗が蒸発しにくく体温調節がしにくくなることもあります。

そこで、体の様々な部分から汗をかくようになります。

特に、背中やおなかは面積が広くすぐに服に吸収されるので体からすると、効率よく熱を放出できる場所と判断され汗をかくようになるのです。

おなか・背中汗対策

おなかや背中からかく汗を対策する方法としては、まず脇や首からかく汗をしっかり拭きとることです。

そして、体を冷やしすぎないことです。

夏場になるとエアコンが効いた部屋に入ったりすることが多くなります。

エアコンによって体が冷やされた後、暑い場所にでると急激な温度変化に体温がついていかず、おなかや背中に大量の汗をかいてしまします。

その他には、おなかや背中に体に優しい制汗剤をつけたり体に良い制汗サプリメントを飲むことも効果的です。

まとめ

おなかや背中から汗をかくことは珍しいことではありません。

人間の体の仕組みの中で汗をかくことはとても重要であり、それを完全に抑えることはできません。

しかし、冷房などのせいで気温が急激に変化したり、体にとって負担がかかるような状態にすると、必要以上の汗をかいてしまうのです。

そのことを意識しておきましょう。

◆いろいろ注意しても背中やおなかなど大量の汗で悩む時は、制汗サプリメントのアセカラット(Asecarat)を飲むと効果的です。

体の中から、汗をかきにくくしてくれます。

緊張からの汗もでにくくするリラックス成分も含みます。

背中やおなかの汗だけでなく、メイク崩れも防いで顔汗、手汗、足汗、脇汗、首汗、更年期のホットフラッシュの汗など汗の悩み対策にぴったりです。
アセカラット(Asecarat)の口コミ!多汗症改善効果は本当?
何をしても、ダラダラと汗が出て困っていた方が、爽やかに過ごせる!と口コミでも評価が高く人気なのがあせしらずです。
公式サイト↓
あせしらず

us