手汗も顔汗もすごい!制汗剤では間に合わない時は?

あなたは緊張したときに手汗や顔汗がすごく困ったことはないですか?

会議の時など事前に制汗剤を使って予防していたのに・・・

制汗剤を使って汗を抑制することは可能ですが、人間の汗をかくという仕組みは生死にかかわることなので、なかなか簡単には止まりません。

汗をかく仕組みがなかったら、人間の体温は高温になり40度異常になると、たんぱく質に異常をきたし始めます。

たんぱく質は細胞の素材なのでそれが壊れてしまうと困るのはお分かりですよね。

しかし、実際には多くの場合で本来の機能とは関係なく汗をかいてしまうのが困るところなのです。

そこで、制汗剤で間に合わないほどの顔汗や手汗についてご紹介します。

ー顔や手汗ー

顔や手は体の中でも非常に汗をかきやすい部分です。

常に外気に接しており、効率的に体温を下げることができるからです。

さらに神経が集中していたりと様々な要因が重なり、特に緊張やストレスを感じる場面で汗が吹き出ます。

ー制汗剤ー

制汗剤とは汗を抑制することで知られています。

スプレータイプやシートタイプなどがありますが、どちらも毛穴を埋めて汗を出ないようにしたり、
汗が出てきてもそれを吸収しすぐに蒸発させるような仕組みになっています。

逆に言えば、これらの機能は肌にとっては決して良いものとは言えないでしょう。

しかし、ここぞというときには使わなくてはならない場面も多いかと思います。

ー制汗剤が効かないー

制汗剤を使っても汗が流れ落ちてくる。

このようなことは比較的頻繁にみられます。

そもそも、制汗剤すべてに確実に効果があるとは限りませんし、制汗剤で抑えられる汗は基本的にじんわりとかく汗です。

制汗剤で止まらないほどの汗を緊張やストレスの場面でかく場合は多汗症を疑ってください。

運動したときなどにかくのは普通です。

1.体質改善

多汗症の場合体質改善として、食生活を見直したり適度な運動を行いましょう。

事前に汗をかくことを予防するのが重要です。

2.薄着にする

汗をかくときにすぐに蒸発しやすいように薄着にしておきましょう。

最近では、高機能なシャツが多くありますのでそちらを活用するのも手です。

3.違うことを考える

緊張やストレスといった場面で汗をかく場合は、少し違うことを考えてみましょう。

楽しいことを一瞬でも考えることで、精神が安定し汗も少しは収まります。

4.軽くストレッチ

足を伸ばしたり、手を動かしたりと血の流れをよくすることで体の機能が落ち着きます。

その結果汗の量も正常になります。

ーまとめー

汗を大量にかくのは特に、女性にとってはかなり気にすると思います。

しかい、本来人間の体にとって重要な機能なので仕方ないことでもあります。

どうしてもという場面の時以外は、汗をかいたらふき取るを繰り返すようにしましょう。

制汗剤の使い過ぎは体にかなりよくありませんのでご注意を。

◆制汗剤でも効果が期待できない時は、多汗症サプリメントのあせしらずを飲むと効果アップです。

体の中から、汗をかきにくくしてくれます。

緊張からの汗もでにくくするリラックス成分も含みます。
あせしらずの口コミ!多汗症改善効果は本当?
メイク崩れも防いで顔汗、手汗、足汗、脇汗、更年期のホットフラッシュの汗など汗の悩みを解消に導きますよ。

何をしても、ダラダラと汗が出て困っていた方が、爽やかに過ごせる!と口コミでも評価が高く人気なのがあせしらずです。
公式サイト↓
あせしらず

u