手汗の仕組みと7個の手汗対策

手汗に悩んでいる人は、自分だけでは?

と思っている方、いませんか?

緊張したりすると、手に汗をかくことはよくあることです。

しかし手汗に悩む方は、それ以上に頻繁に手に汗をかいて悩まれていることでしょう。

そもそも手汗とは?

そして、7個の手汗対策を紹介します。

全身性の発汗は、運動をした後や熱い食べ物や飲み物を食べたり飲んだりした時に汗が出ると思いますが、それらを全身性の発汗といいます。

上昇した体温を汗で下げて一定に保つための身体の働きです。

その他に、辛いものを食べた時に起こる発汗を、味覚性発汗と呼びます。

これの原因ははっきりとわかっています。

もう1つ疾患による発汗があります。

全身性の発汗に対し、手だけに特に発汗を感じるものは「精神性発汗」と呼び、緊張や興奮した時に手や足の裏だけに汗をかくタイプを指します。

精神性発汗(手汗)は、緊張しやすい方が引き起こす発汗ということになりますね。

では、手汗の対策を具体的に紹介します。

1つ目は、自律神経のバランスを整えることです。

十分な睡眠、こまめに運動、正しい姿勢、お風呂で身体を温める、辛い物やアルコール・たばこは控えましょう。

2つ目は、太り過ぎに注意することです。

皮下脂肪は体内に熱を貯める作用があり、汗をかきやすくなるので、太り過ぎると熱が体内に貯まり汗をかきやすくなってしまいます。

3つ目は、タオルを握りしめないことです。

緊張すると無意識に手に力が入りタオルを強く握りしめることで、更に汗をかくという悪循環に陥ります。

意識的に気を付けるようにしましょう。

4つ目は、汗をかくなんて恥ずかしいという予期不安をなくしましょう。

手汗は、精神性発汗なので、自分自身の心から引き起こしている発汗です。

誰もが汗をかくのに、なんらかの原因によって、それが不快なイメージとなり負のループに陥っているということも考えられます。

汗をかいても平気と意識を上書きすることが解決へと導きます。

場合によっては、カウンセリングや認知行動療法を受けることも有効です。

5つ目は、効果が高い制汗剤を使用することです。

手汗専用の制汗剤の中で塩化アルミニウムが配合されているものを選ぶと

汗腺を塞いで汗を抑える物質なので、手汗を抑えることが可能です。

しかし汗腺を塞ぐことで発汗を抑えますし、肌荒れしやすいのであまりおすすめではありません。

では、何がいいのかというと、手汗専用デオドラントジェルのフレナーラや
パウダータイプのファリネが、肌荒れもしないのでおすすめです。

例えばフレナーラは、天然成分配合で独自のテクノロジーにより制汗成分を細分化して普通の制汗剤では届かないエクリン腺にもしっかりと浸透し、手汗を持続的に解消します。
手汗用制汗ジェルのフレナーラの口コミと効果

ファリネは、塩化アルミニウムの一種ですが肌荒れしにくい成分で即効性があるクロルヒドロキシアルミニウムを含んでいます。
手汗の悩みに!手汗専用制汗剤ファリネの気になる口コミ

なので、ジェルタイプが良い場合は、フレナーラ。
フレナーラ公式サイト↓


パウダータイプが良い場合は、ファリネを使ってみてください。
ファリネ公式サイト↓
ファリネ
6つ目は、イオントフォーレシスという治療を受けることです。

これは、微弱な電流が流れる専用容器に手のひらや足の裏を浸す治療法で、定期的に汗腺にダメージを与えることで汗を出にくくさせる効果があります。

7つ目は、ボツリヌス注射です。

ボツリヌス菌を注射で体内に入れることで、アセチルコリンの放出を阻止し発刊を抑えることができます。

アセチルコリンと呼ばれる神経伝達物が汗腺を刺激し発刊すると考えられているので、それを阻止することで発汗を抑えるのです。

この注射は半年ほど持続すると言われています。

手汗は、誰でもかくものです。

完全に止めることはできないかもしれませんが、考え方が変わるだけで、手汗もコントロールできるものと思います。

深刻に悩み過ぎず、気軽に考え、手汗が改善できると良いですね。