頭部多汗症とは?原因と対策を教えて!

周りは涼しい顔をしているのに、自分だけ額から大汗を流しているのはなぜ?

朝、きちんとメイクをしても会社に着く頃にはドロドロに崩れてしまうのはなぜ?

それは、頭部多汗症と呼ばれる病気が疑われるかもしれません。

頭部多汗症とは、頭部からまるで滝のように汗が吹き出す症状で、局所多汗症のひとつです。

局所多汗症とは、手のひら、足の裏、脇の下、顔面、頭部という1つの部位だけに多量の発汗が見られる病気です。

頭部多汗症の症状として、

●汗が滝のように流れ出て、顔に垂れてくる。

●髪を伝って汗が滴り落ちてくる。

●多量の汗によって頭部が蒸れて、ひどい臭いが発生する。

●多量の汗により、セットしたヘアスタイルが崩れたり、流れる汗でメイクが崩れたりする。

などがあります。

また、流れ出る汗に加えてヘアスタイルもメイクも崩れていると、他人からは不潔な印象を持たれかねません。

さらには周囲の目を意識して緊張したり不安になると汗の量が増えて症状が悪化するので、頭部多汗症の悩みやストレスは大きくなるばかりです。

頭部多汗症の原因

頭部多汗症を含めた局所多汗症のはっきりとした原因はいまだにわかっていませんが、二つの説があります。

一番有力な説は、自律神経の乱れによって、発汗を促す交感神経の反応が過敏になってしまうことが原因だと言われています。

どういうことなのかというと、自律神経には、交感神経と副交感神経があります。

発汗を促す交感神経は緊急時やストレスを感じたときに働き、心身を活発にし、トラブルから身体を守ろうとする神経です。

副交感神経は反対に、リラックスしているときに働き、睡眠時や休息時、食事のときに生きるために必要なエネルギーの充電をする神経です。

しかし現代社会ではストレスを感じる場面が多くあるため、交感神経が過敏に働きすぎてしまうことがあるようです。

すると、副交感神経の働きが弱くなり、交感神経と副交感神経の働きのバランスが乱れ、自律神経失調症と呼ばれる病気になってしまいます。

自律神経失調症になると神経が高ぶって眠れない不眠症。

体の疲れが取れない倦怠感。

そして、暑くもないのに多量に汗をかく局所多汗症といった様々な身体の不調が表れるようになるのです。

そしてもう一つの説が、遺伝的要素です。

両親、もしくは親のどちらかが多汗症や局所多汗症の場合は、遺伝から発症している可能性があります。

私自身、手のひら、足の裏に集中して汗をかく局所多汗症ですが、父親が同じ症状ですので遺伝的要素は結構大きいのではないかと感じています。

ただ、遺伝的要素の場合は加齢と共に症状が落ち着いてくるように感じます。

還暦を過ぎた父は現在ではほとんど手足に汗をかくことはないそうです。

私も若い頃と比べると手足に汗をかく頻度は、ぐんと減りました。

ひょっとすると汗腺の衰えや、新陳代謝の衰えが関係しているのではないかと思っています。

けれど、自律神経が乱れているときは今でも手足に多量の汗をかきます。

過去に、強いストレスを感じ、不眠症っぽくなったときは寝具が湿るほど手と足に汗をかいた経験があります。

なので私の経験ですが、自律神経の乱れと遺伝的要素、どちらも局所多汗症の原因と言われる説の信用性は高いと思います。

では、頭部多汗症の具体的な対策はどういった方法があるのでしょうか。

頭部多汗症の対策

●皮膚圧反射を利用する。

夏の暑い日でも、着物を着た舞妓さんは顔に汗ひとつかかずに涼しげに歩いています。

彼女たちは皮膚圧反射を利用し、胸の上に帯び紐を締めることで、顔や頭に汗をかかないようにしているのです。

皮膚圧反射とは、体の一部分に圧力をかけるとその周辺の汗が止まり、他の部分から汗が出る現象です。

握りこぶしを脇の下に挟んで圧迫したり、強めに腕組みしたり、ブラジャーをきつめに着けるといった簡単に行える方法もあります。

●自律神経のバランスを整える。

①ストレスを感じると身体が固くなり、呼吸が浅くなります。

腹式呼吸で深い呼吸を意識しましょう。

鼻から大きく息を吸い込んで、口から「はぁ~」と吐きます。

寒い日に手を温めるときのように息を吐き出してください。

息を吐くときに肩の力を抜くイメージをしましょう。

これを一度に10回、一日に3セットを目安に行うと全身に酸素が行き渡り、ストレス軽減になります。

②交感神経の働きを減らす。

交感神経の働きを減らしましょう。

・仕事を休めるときは思いっきり休む。

・無理をしない。

・湯船にゆっくりとつかる。

・睡眠時間を増やす。

・美味しい食事をとる。

など、言い替えれば副交感神経を働かせる時間を増やすことが、交感神経を休めるポイントになります。

③「大丈夫、大丈夫」と心の中で唱える。

自律神経のバランスを整えるには、ポジティブシンキングが重要です。

嘘みたいですが、心を落ち着けると汗が止まることもあります。

緊張をほぐし、リラックスできればどんな方法でも構いません。

自分なりのリラックス法を身に付ければ、徐々に汗をコントロールできるようになります。

④漢方やサプリメントを飲用する。

汗を止める塗り薬は皮膚科で処方してもらえることもありますが、頭部には塗れず、有効な治療が為されない場合もあるようです。

そこで、漢方やサプリメントを飲用し、体の中から体質改善を行いましょう。

漢方は人によっては飲めない成分があったり、合う合わないがありますが、サプリメントは栄養補助食品ですから、ほとんどの人が安心して飲むことができます。

私が感心したのは『あせしらず』というサプリメントです。

飲むことで汗を抑える『あせしらず』

『あせしらず』は、汗のメカニズムを知り尽くした研究チームが開発したサプリメントです。

まず、飲んで汗が抑えられるということに驚きました。

私の中での常識は、塗るタイプやスプレータイプの制汗剤だったからです。

『あせしらず』は3つのアプローチで体の中から汗を抑える体質に変えてくれます。

1つ目は、身体にこもった余分な熱を発散させる成分が配合されています。

過度な体温調節のための発汗を減らします。

2つ目は、女性ホルモンの乱れを整える成分が配合されています。

女性ホルモンには汗を抑える働きがあるのです。

3つ目は、ストレスや緊張を緩和する成分が配合されています。

交感神経の働きを落ち着かせ、精神性の発汗を抑えます。

この3つのアプローチで汗の量が軽減されていくのです。

ただし『あせしらず』はサプリメントですので、良い変化を実感できるようになるまで最低でも1カ月~3カ月必要です。

そのためにお得な定期購入コースが3パターンと、1回だけ購入コースが設けられています。

自分でコースを選べると安心できますね。

詳しい内容や愛飲者のレビューは『あせしらず公式サイト』からご覧いただけます。

私も局所多汗症なので愛飲者のツラかった気持ちに共感しました。

悩んでいるだけでは何も変わりません。

悩みから解放されるには、今がチャンスです。

是非『あせしらず』をお試しになってください。

あせしらずの口コミ!多汗症改善効果は本当?

rU