盗汗(とうかん)ってどんな汗?原因と対策は?

盗汗とは、どんな汗のことをいうのでしょうか。

西洋医学では特に病気がない場合は、寝汗と日中の汗を区別して考えることはありません.

しかし漢方医学では寝汗も身体の状態を知るためのひとつの目安としています。

気温が高い、衣類をたくさん着ている、お風呂上がりなどで発汗するのは正常な生理反応です。

しかしこれらの要因とは関係無く「必要以上に寝ている間に汗をかいている。目が覚めると汗が止まる」場合は、身体のバランスが乱れていると考えられます。

このような悪い寝汗のことを盗汗といい、漢方を処方し、治療するケースもあります。

それでは、盗汗について漢方医学の考え方を紹介し、分かりやすく解説します。

盗汗について漢方医学の考え方

盗汗についての漢方医学の考え方(原因)は3つあります。

①陰虚内熱・・・『体内の陰液が不足していて、身体の中に熱がこもりやすくなっている』という状態のことです。

陰液とは、身体を満たしている栄養豊富な体液のことで、血液や水分を指しています。

栄養失調や虚弱体質の人は陰液が不足しやすく、体力が消耗しているにもかかわらず自律神経が興奮したり、精神の高ぶりがあり、なかなか寝つけません。

体内の熱を冷ますために必要以上に汗が出ます。

盗汗の他の症状として、身体のほてりや、イライラ、午後になると微熱が出ることもあります。

②心虚血・・・『過度な心労などで血液循環が悪くなっている』という状態のことです。

津液(しんえき:汗や唾液、胃液など体内の正常な水分のこと)を身体の内にとどめておくことが出来なくなり、身体の外へ汗として出てしまいます。

盗汗の他の症状として、動悸、息切れ、眠りが浅い、疲労感、倦怠感、血色不良があります。

③脾虚湿困・・・『飲食の不摂生により脾臓を損傷し、体内に内湿が溜まっている』という状態のことです。

生もの、冷たいもの、脂っぽいもの、甘いものを食べ過ぎると、消化吸収・水分代謝を管理する脾臓という臓器が弱ってしまい、水分代謝がうまくいかなくなります。

盗汗の他の症状として、締め付けられるような頭痛、鈍痛、食欲不振、疲労感、倦怠感があります。

漢方医学でいう『湿』とは、湿気、水分のことで、脾虚湿困は梅雨の時期になりやすいのが特徴です。

外湿と内湿があり、この2つは深く関係しています。

外湿は、外からの湿気による頭痛、だるさ、むくみ、血行不良の症状を指します。

内湿は、脾臓の働きが鈍くなり、消化吸収機能、水分代謝機能が低下し、疲労感や倦怠感の症状を指します。

また、梅雨の時期は食べ物が傷みやすいことも脾虚湿困にかかる要因の1つになっています。

以上の3つが盗汗についての漢方医学の考え方です。

漢方医学の考え方は少々難しく感じますが、人体の機能の働きや、人体と自然の関係に基づいていて、理にかなっていますね。

西洋医学では明らかにならないことも、漢方医学なら明らかになる場合もあります。

梅雨の時期に外からも内からも『湿』が溜まりやすいというのは、まさに漢方医学的という印象を受けます。

続いては、対策について紹介します。

盗汗の漢方医学的対策

基本は漢方の処方による治療になります。

漢方は専門店でないとなかなか手に入らないこともありますが、今回はドラッグストアなどでも手に入れることができる漢方を紹介します。

①陰虚内熱に対する漢方・・・六味地黄丸(ろくみじおうがん)

八味地黄丸(はちみじおうがん)から身体を温める成分だけを抜いたものです。

疲労感、倦怠感、めまい、盗汗、虚弱に良い作用をもたらします。

また、食べ物では『滋陰』『補血』『清熱』の3つを意識して摂取すると良いでしょう。

『滋陰』・・・滋養強壮です。

卵、うなぎ、牡蠣、いちご、ゴマ、牛乳、チーズなど。

『補血』・・・血を補います。

豚肉、ほうれん草、ひじき、にんじん、いか、たこなど。

『清熱』・・・熱を取り除きます。

すいか、メロン、梨、トマト、レタス、きゅうり、豆腐など。

②心虚血に対する漢方・・・救心(きゅうしん)

救心には牛黄(ごおう)と呼ばれる牛の胆石や、麝香(じゃこう)と呼ばれるジャコウジカの雄の分泌物、高麗人参が含まれています。

牛黄には全身の血流改善作用、滋養強壮作用があります。

麝香にはストレス改善、気の巡りを良くする作用があります。

高麗人参には心臓の働きを助ける作用があります。

これらの漢方により、動悸、息切れ、血流、自律神経のバランスを改善します。

また、気つけといって血流を改善することで全身の酸素の巡りを良くして、シャキッとさせる作用もあります。

③脾虚湿困に対する漢方・・・胃苓湯(いれいとう)

生姜、陳皮、甘草など身体を温める漢方が含まれていて、胃を乾かすイメージで余分な水分を体外へ排出します。

食べ物では、

●体外へ余分な水分を排出してくれるもの・・・豆類

●利尿作用のあるもの・・・スイカ、冬瓜、かぼちゃなど

●胃腸にやさしいもの・・・大根、キャベツなど

●身体を温めるもの・・・生姜、ニラなど

が、良いです。

食べるときは、加熱して温かい料理にして食べましょう。

以上、漢方医学的な対策でした。

盗汗と呼ばれる悪い寝汗は、対策や治療をした方が良いとされているのですね。

なぜなら盗汗には、病気や体調不良が隠れているからです。

症状がひどい場合は医療機関に相談しましょう。

たかが寝汗と侮ってはいけません。

速やかに対処し、快適な睡眠を手に入れましょう。

hU