良い汗をかく食事や生活習慣ってあるの?

汗には、良い汗と悪い汗があります。

良い汗とは、サラサラしていて乾きやすく、臭いのない汗のことです。

反対に悪い汗とは、ベタベタしていて乾きにくく、臭いも強い汗のことです。

これから暑くなり、ますます汗が気になる季節になります。

ベタベタした汗や、臭いが強い汗はかきたくないですよね。

どうすれば良い汗をかけるようになるのでしょうか。

食事と生活習慣から、良い汗をかける方法をご紹介します。

良い汗をかけるようになる食事とは

①良い汗をかけるようになるために、まず朝食を食べる習慣をつけましょう。

朝食を食べると、体温が上がります。

上がった体温を維持しようと、体内のエネルギーを消費するので基礎代謝が上がります。

②汗腺の機能を活性化させる成分レシチンを摂取しましょう。

レシチンには汗腺の機能を高めて、本来、汗が分泌するルートを回復させる働きがあります。

レシチンが含まれている食品は、雑穀類、ゴマ油、大豆製品です。

特に、大豆製品は発汗調節する成分もふくまれているので汗腺の機能をより向上することができます。

朝食に納豆や豆腐を取り入れると、基礎代謝も上げられるので相乗作用が得られるでしょう。

③代謝を高めるにはクエン酸も効果的です。

クエン酸が疲労回復に良いことは広く知られています。

クエン酸には細胞のエネルギー生産を助ける働きがあるので、細胞が元気になると代謝が高まり、汗腺が正常に働くようになるのです。

クエン酸は、イチゴ、パイナップル、レモン、みかん、キウイ、梅など、酸味を感じる食品に多く含まれています。

酸味が苦手な人はイチゴやパイナップルに砂糖をかけて、しばらく置いておくと砂糖漬けになるので甘味が増し、酸味が和らぎます。

また、梅干しやレモンは調味料として使うと食事に取り入れやすくなります。

食事では、主に新陳代謝を上げて汗腺の機能を高めたり、正常に働くようにすることで良い汗をかけるようなるのです。

続いては、良い汗をかけるようになる生活習慣についてです。

良い汗をかけるようになる生活習慣とは

①日常生活の中で汗腺を刺激できるのは、入浴です。

湯船に全身つかるのではなく、下半身だけつかる半身浴で10分以上ゆっくりと体を温めます。

すると、汗がじわっと出てくるのを感じるでしょう。

はじめのうちはベタベタした汗が出るかもしれませんが、毎日半身浴を続けていると汗腺が開いてサラサラした汗が出るようになります。

半身浴は必ず水分補給を行いながらしてください。

②半身浴で良い汗をかけるようになったら、次はウォーキングに挑戦してみましょう。

毎日20分~30分、少し早足で歩くことで発汗促進と同時に筋肉を働かせて心肺機能と基礎代謝を高めることができます。

ウォーキングの時間が取れない人は、通勤・通学時にひと駅分歩いてみたり、駅のエスカレーターはなるべく使わずに階段を使用するなど意識をするだけで随分変わるはずです。

ベタつく汗、臭う汗を解消するアイテム

今までベタベタする汗や臭いの強い汗をかいていた人が、1日2日で劇的にサラサラの汗をかけるようになるわけではありません。

汗腺を開くには数週間から、人によっては数ヵ月かかる場合もあります。

汗腺を開く努力をしている間にベタつく汗や臭いの強い汗をかくのは嫌ですよね。

良い汗をかけるようになるまでは制汗剤や、サプリメントで悪い汗を抑えましょう。

制汗剤は局所的に汗を抑えますが、サプリメントの『あせしらず』は体の中から汗の成分を良くするように働きかけます。

さらに汗の嫌な臭いの元を消してくれたり、女性ホルモンに働きかけて汗の分泌をコントロールしてくれるのです。

良い汗をかけるようになるまでのお助けアイテムになること間違いないでしょう。

詳しい成分や愛飲している人のレビューは、『あせしらず』公式サイトからご覧になれます。

食事と生活習慣、そして『あせしらず』を上手に活用して、サラサラした臭いのない良い汗をかけるようになりましょう。

良い汗をかけるようになると、暑い夏でも気持ち良く過ごせますね。

あせしらずの口コミ!多汗症改善効果は本当?

rU